費用をチェックして花魁体験にチャレンジ【プランの内容は様々】

和を感じる日本の防寒着

祭り

夏用の特徴

暖房が欠かせない寒い冬の季節に、昔から防寒着として着用されてきたのが綿入りの半纏です。綿入りの半纏はとても暖かく、冬場は部屋義としても使用できます。正月には綿入りの半纏を羽織り、こたつに入ってみかんを食べながらテレビを見る、そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。半纏は夏に着ることもできます。夏用の半纏は生地が薄いので軽く、通気性に優れています。そのためとても涼しいと感じることができます。夏になるとお祭りの際に、多くの人が祭り衣装として半纏を着用し、神輿を担ぎお祭りを盛り上げる姿を見ることができます。また、デザイン性に優れ種類も豊富な半纏は、還暦のお祝いに贈られることもあるそうです。そんな半纏ですが、似たような物にちゃんちゃんことどてらがあります。これらは一見すると似ているように見えますが、それぞれ違いがあります。ちゃんちゃんこは子供用の袖無しの羽織の事です。袖がないため着脱がしやすいという特徴があります。また赤色には魔除けの意味があり、還暦には生まれ直すという意味があります。そのため赤ちゃんの頃に戻るという意味を込めて、赤いちゃんちゃんこは還暦祝いによく送られます。また最近では、犬や猫といったペット用のちゃんちゃんこも販売されています。どてらは褞袍と書き、ちゃんちゃんこよりも半纏に似ていますが、半纏よりも丈が長いです。また袖が広く布地も派手な物が多いのが特徴です。

Copyright© 2018 費用をチェックして花魁体験にチャレンジ【プランの内容は様々】 All Rights Reserved.