費用をチェックして花魁体験にチャレンジ【プランの内容は様々】

発祥の時期

親子

和服の一種です

和服に属している半纏と法被は、形が似ているために用途が混同されることもありますが、どちらも登場したのは江戸時代であるのをご存知でしょうか。両方とも伝統衣装であることは確かで、元々は防寒と礼装としての役目を持つ羽織の丈を短くしたのが始まりです。先に出てきたのは法被の方で、江戸時代の武家の家紋を大きく背中に染め抜いた単衣の和服になります。シンプルなデザインは粋好みの江戸市民に好評であり、背中に家紋を染めることで、所属する組織が分かりやすくなるという実用性もあったのです。この法被が半纏として庶民に広まったのは、町火消や大店が仕事の円滑化を図るために採用したことに端を発します。大きな組織や店になると互いに知らない間柄でも、同じ組織に所属する仲間であることを、見た目で確認できるのです。背中に染められた紋以外は形はほとんど同じですが、職業上の必要性から袖の形には多少の変化がみられます。これらの仕事上で着用する半纏は、雇い主が奉公人に支給しますが、出入りの職人にもご祝儀とすることもあるのです。名称として印半纏と呼ばれ職人階級では正装であり、労働者階級を示すユニフォームとなりました。しかしこの印半纏を身に着けていると身元が判明しやすいので、窮屈羽織という別称もあったのです。現代では防寒着としての役目を持つ、綿入れ半纏という室内用の衣服もポピュラーになりました。綿入れ半纏は通常の半纏とは違い、表地と裏地の間に綿を入れることで防寒性を高めておりこれも男女の別なく愛好されています。

Copyright© 2018 費用をチェックして花魁体験にチャレンジ【プランの内容は様々】 All Rights Reserved.