費用をチェックして花魁体験にチャレンジ【プランの内容は様々】

祭り

和を感じる日本の防寒着

綿入りの半纏は暖かく、防寒着としてとても優秀です。また夏用の半纏もあり、通気性がよくとても涼しいです。半纏、ちゃんちゃんこ、どてらは別物で、ちゃんちゃんこは袖無しの羽織、どてらは丈が長く布地が派手などの特徴があります。

花魁

普段できないからこそ人気

京都で花魁の格好をして記念撮影をするということが人気です。普段なかなかできないからこそ、良い機会となることでしょう。特に観光客に人気です。ツアープランの一つに組み込まれていることもあるので、関心のある人は申し込んでみましょう。

着物

様々な場面で活用できる

福岡にも数多くある着物レンタルショップは、結婚式などの晴れの日や街の散策などで活用できます。着物には未婚か既婚かで振袖と留袖が分かれたり、季節によっても単と袷に分かれるなど、マナーがあります。心配な場合にはレンタルショップのスタッフに相談してアドバイスをもらいましょう。

親子

発祥の時期

半纏というとお祭りの時に、見かけることが多い和服の一種ですがその始まりが江戸時代にあることはご存知でしょうか。また防寒着として愛好される綿入れ半纏の、存在も忘れてはいけません。どちらも、男女の別なく愛好者が多い和服の一種になります。

大まかな費用を把握しよう

花魁

種類が豊富にあるプラン

最近京都を訪れる観光客の中で、人気があるのが花魁体験です。京都には舞妓や芸妓体験が出来るショップが数多くありますが、そうした中には花魁の衣装を着用できるサービスを行っているショップがあります。清楚で可憐な舞妓や芸妓に比べ、艶やかで豪華な花魁は、女性ならではの艶っぽさを引き立たせてくれます。海外から京都を訪れる外国人観光客にも人気があり、京都観光の新たなトレンドとも言えます。そんな花魁体験ですが、利用者にとって気になるのは体験にかかる費用だと思います。ショップによって料金設定は異なりますが、ここで京都で花魁体験をする場合の大まかな費用について紹介します。通常花魁体験はショップの方でプランが用意されています。プランの内容は様々ですが、基本は花魁衣装のレンタルと着付け、ヘアメイク、カメラマンによる写真撮影と現像した写真の持ち帰り、といった一連がセットになっているのは各ショップとも同じです。最もシンプルなプランで、大体10000円から15000円くらいが一般的です。これをベースに、着用できる衣装の枚数や、撮影のカット数にもらえる写真の枚数などが異なるものが、別のプランとして数種類用意されているのが普通です。また男性も含めた撮影が出来るカップルプランや、子供向けのプランなどもあります。色々充実したプレミアムなプランで、20000円から30000円程度が目安になります。またヘアメイクや衣装、撮影時の小物などは、オプションとして別途費用を払う事で利用できます。撮影されたデータについては、現像してもらう事も出来ますし、データとしてCD-Rなどにコピーしたものをもらう事も出来ます。これらもプランに組み込まれていない分については追加料金になります。ショップやプランによっては祝祭日の料金が変わるものや、キャンペーンなどで割引される事もあります。

Copyright© 2018 費用をチェックして花魁体験にチャレンジ【プランの内容は様々】 All Rights Reserved.